ブラックジャックの勝ち方を考えてみる

ブラックジャックに利用しているトランプの枚数

ブラックジャックに利用しているトランプの枚数

ブラックジャックに利用されているカードは決して特殊なものではなく、一般的なトランプを大量に用意しているものです。
1つのトランプだけではゲームを継続できないため、大量に用意していることも必要なのです。

オンラインカジノでも、ライブ形式で行われているブラックジャックの場合、用意されている数は結構多くなります。

トランプが8デック近く用意されている傾向がある

用意されているカードの数によって、少し難易度が上昇します。
オンラインカジノの場合、ライブゲームなら8デック用意されているものが多く、6デックの場合もあります。

デックという単位はわかりづらいかもしれませんが、1つのトランプセットが6つか8つ使われていると思ってください。
使われている数が多ければ多いほど、同じ数が出てくる可能性は高まります。

用意されている枚数が多くなければ、ブラックジャックがプレイ不可能になり、オンラインカジノのライブゲームが進行できません。
スムーズに進めるためには、基本的にライブゲームの前に大量に用意して、これをシャッフルして使います。
どの数字が出てくるかわからないようにするため、そして安易にカウントさせて、残っている数字をわからないようにする狙いがあります。

大量に用意されているカードを見ていると、どのカードが残っているのかわからないので、自分で勝負をしなければなりません。
ある程度知識で勝負しようとしている人を止めるために、基本的にカードの枚数を多めにしているのがオンラインカジノです。

トランプを使っている割合にも注意

デックという単位で数字を増やして、多くのカードが出てくるように思われますが、その中から半分くらいを利用してオンラインカジノは出してきます。
つまり半分を超えるカードは最初の時点で消えており、どの数字が消えているのか判断できません。

8デックであれば200枚くらいストックされていますが、この200枚は8デックの半分だけ採用されていて、残り半分は隠されています。
枚数がわかったとしても、どの数字が何枚残されているかわからない設定で、ランダム性を高めるために行われています。

ブラックジャックの場合、カウントされればかなり楽に数字を把握できますが、これで把握するのは難しいとされています。
ライブゲームでのブラックジャックは、とにかくルールが通常と異なる点に気をつけなければ駄目です。
使われている数字がわからないままプレイして、失敗することも多々ある点に気をつけましょう。

表示されているカードの情報から考える

表示されているカードの情報から考える

ブラックジャックをオンラインカジノでプレイする時、相手が持っているカードが1枚表示されます。
このカードは、伏せられているカードよりも小さい数字であることが多く、表示されている数字より大きなものを持っていると判断できます。

攻略法を見つけることと、相手が持っているカードを推理することが大事で、間違った攻略法を作らないことが大事です。

表示されているカードは重要なヒント

1枚のカードだけ、相手のカードは見えるようになっています。
その数字は低いものが提示されて、伏せられているカードは大きな数字であることがわかります。

例え2が表示されていても、伏せられているカードが10以上だったりすることもあるので、一番大きな数字を含めて考えてください。
2が表示されている時は、最大である12を想定して、これを超えるような数字であることを前提にします。

伏せられているカードを10で想定することは、相手の最大値を把握することができて、オンラインカジノでも勝ちやすいです。
もし20であることがわかっているなら、21じゃないと勝てないと判断できるので、すぐにカードを貰う選択しもできるようになります。

一方で15くらいの数字だと判断できれば、カードを引いて数字を増やしておけば、ほぼ間違いなく相手がカードを引きます。
そしてバーストすることが増えて、相手のミスで勝てるようになります。

表示されているカードはヒントとして活用できて、ほぼ数字を特定することができます。
予想より小さいことは当然ありますが、小さいことの影響はあまり無いので、伏せているカードが10だと思って考えてもいいです。

数字次第では無理をして勝負することに

数字次第では無理をして勝負することに

オンラインカジノは、カードの配布がランダムに作られているので、予想よりも高い数字が出てくることも多いです。
しかし伏せられているカードが10で、表示されているカードも10クラスのカードだと、ほぼバーストを覚悟してカードを貰わなければなりません。

見えていることは、無理をしないと駄目な状況も作りやすいのです。
数字次第ではありますが、カードを引いてバーストすることも視野に入れつつ、21を狙った勝ち方をしなければ駄目です。

負けてしまえば一緒ですが、勝てるチャンスを増やすためにもカードを引いておくことは大事になっています。
そして数字を増やしてこのゲームに勝つという意識を持ちつつ、少しでも空いての数字を上回れる選択肢を行うことです。

コメントする

あなたのメールは <em>絶対に</em> 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

HTML タグと属性を使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*