カジノカフェにメリットは存在しない?

インカジとは?

オンラインカジノ、インカジとは同じものであると考えられていますが実は違う点がたくさんあります。

インカジは、都市部や歓楽街に存在する、ネットカフェのような空間で、カジノを提供しているカジノカフェです。
カジノカフェは、お客さんに端末でオンラインカジノを提供しており、店側がカジノサイトと、儲けを折半しているということも少なくありません。オンラインカジノは、自宅でパソコンから個人でアクセスしてプレイをすることになります。

このため、同じオンラインカジノでもその形態が全く異なっているのです。

カジノカフェ摘発について

安全であると考えられていたオンラインカジノが摘発対象として考えられる契機となった事件がありました。
2006年の2月に京都市中京区にある「カジノカフェ」(ゴールドラッシュ)が京都府警の摘発を受け、店員2人と客2人が現行犯逮捕されたものです。
今回の摘発は、オンラインカジノ関連で初となることが法務省より発表されており、それだけ関係者にとって衝撃的な事案となりました。

カジノカフェの仕組みについて

摘発を受けた「カジノカフェ」はどのような仕組みになっていたのでしょうか?概要を説明しましょう。
店側はフィリピンに拠点をおくオンラインカジノにアカウントの登録を済ませていました。そして、客は登録済みのパソコンを利用してオンラインカジノをプレイしていたのです。
その際に、1ポイントを100円で購入してカジノゲームを楽しむシステムとなっており、ポイント残高に応じた決済を店舗内でおこなっていました。
おそらくポイントの換算で利益がでるようには工夫されていたのでしょうが、アカウント登録時にプロモーションボーナスを受け取っていますから、その分が「丸儲け」となっていたのです。

カジノカフェ摘発の背景について

それまで野放し状態となっていたカジノカフェですが、「暴力団の資金源」となっている点が指摘されたこともあり、警察による摘発は時間の問題だったのかもしれません。
ただし、オンラインカジノそのものを「賭博罪」として摘発することはなく、店舗内でカジノゲームに対する現金の授受がおこなわれていた点が咎められた(とがめられた)のです。
これにより、店舗運営者が胴元行為をおこなっていたとして摘発におよび、遊んでいた客も同時に「賭博罪」として問われました。ただし、客2人は「単純賭博罪」であり、店員2人はより罪の重い「常習賭博罪」として裁かれることとなったのです。

カジノカフェ摘発の顛末(てんまつ)について

翌年の2007年1月17日に京都地裁より判決が言い渡されました。常習賭博罪に問われた店員2人に対するものであり、組織的かつ職業的な犯行であることが重く見られたのです。
その内容としては、懲役2年・執行猶予5年であり、追徴金が1億139万円という大きな金額が言い渡されました。
この2人は仲間と共謀しており、名古屋市でも「カジノカフェ」(オンリーワン)を経営していたのです。こちらでも同様のシステムで経営をしていました。これらが事件の顛末となります。
客として入店しても「賭博罪」が適用される点を十分に理解しておきましょう。

インカジがなぜ危険なのか

なぜ、インカジの摘発が相次いでおり、ここまで頻発に摘発されているのでしょうか。

インカジの摘発ですがオンラインカジノとは違い、インカジは、店内で金銭のやりとりが発生しているので、賭博罪となってしまうからです。
オンラインカジノは、海外のフィリピンやイギリスなどの合法国が運営しているため、それそのものは違法でもありません。
また個人でプレイをしている場合、これを取り締まるのは非常に難しいのですが、インカジの場合、店が賭博の場所を提供しているということから、摘発の対象となりやすく、目も付けられやすくなっています。

また、金銭のやりとりを国内で行っているため取り締まりをする事が出来ますし、違法として日本の法律で裁くことが出来ます。
オンラインカジノは、金銭のやりとりも、海外の電子決済を通して行われますので、この点でも違いがあります。

インカジのその他の危険性とは?

そのほかにも、インカジは、さまざまな危険性があります。インカジは暴力団の資金源となっていることが多く、暴力団が関わっていて、不正が行われている可能性が非常に高いです。

元々、オンラインカジノそのものは、きちんとした第三者機関によって監査が入っていて、公平性や安全性が確立しているものですが、仲介役としてお店が入ることによって、不正にシステムが変更されていることもあります。
このため、お客さんからすると、勝つことが出来なかったり、不正に店側が勝てるように仕組まれている可能性があります。

また、仮に勝ったとしても、高額な現金を持ち帰る際に、お店側にこれを横取りされてしまうなどの被害を受ける可能性も高いです。
よって、プレイヤーにとってメリットはほとんどありません。インカジには気を付けるようにしましょう。

コメントする

あなたのメールは <em>絶対に</em> 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

HTML タグと属性を使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*