オンラインカジノをプレイしてなぜ逮捕される事件があったのか

オンラインカジノをプレイして逮捕された事例があります。
こういった事例からオンラインカジノをプレイするのは違法性の高い行為という印象を受けるのではないでしょうか。
オンラインカジノをプレイしてなぜ逮捕される事件があったのか

しかし、オンラインカジノをプレイすること自体は、運営元が国家のライセンスを受けていることや現地の上場企業が運営していることから合法性のある行為です。
今回、このオンラインカジノを利用して逮捕された事件を2パターン紹介します。
そして、なぜ合法性のあるオンラインカジノで違法性を疑われて逮捕されたのかをまとめました。

プレイした場所が違法だった事件

オンラインカジノを利用して逮捕された事例として、カジノカフェやインカジでプレイした事件が挙げられます。
カジノカフェの事例は2006年に京都府のインターネットカフェ「ゴールドラッシュ」の店員2名が常習賭博容疑で逮捕された事件が代表的です。

ここでは店内でオンラインカジノをプレイしていた客も逮捕されています。
このように聞くとオンラインカジノは違法性のある行為と思われがちですが、これは行った場所に問題があったのです。

まず店舗で行ったことで、無許可でスロットマシンを置いた違法カジノと同じ解釈ができてしまいます。
これだけですでに違法行為と言えるのではないでしょうか。

さらにこの事件では、1ポイント100円で販売し、ポイント残高に応じて現金を払い戻すという方法が取られていたのが致命的でした。
お金のやり取りが通常のオンラインカジノのように海外のサイトで完結していればまだ、違法性は薄くかろうじてよかったのです。

しかし、この事件では店舗でお金のやり取りをしていたので完全にアウトになり、逮捕されました。
この事件が発端となり、全国で2007年までに多数の逮捕事例が出ました。
いずれも店舗内でお金のやり取りをしてプレイ場所を提供していたのです。

このようにオンラインカジノを利用しても場所が問題となって違法性に問われます。
ここで紹介した事例のように場所の供与を受けて、さらに賭け金のやり取りまで店舗内で行われたことは違法なのです。

先程も触れたとおり、店内でオンラインカジノをプレイすると違法な賭博行為が行われたと疑われるということを知っておきましょう。
ちなみにこのカジノカフェの事件では高校生も逮捕されています。
人生を棒に振らないためにもお店でのオンラインカジノのプレイはやめることがおすすめです。
プレイした場所が違法だった事件

プレイしたオンラインカジノ自体が違法性の高いところだった事件

お店で行わなくとも、自宅でプレイして逮捕された事件もあります。
これはオンラインカジノ側の問題です。

2016年京都府警がオンラインカジノをプレイした客を逮捕するという事件がありました。
これはオンラインカジノが完全に日本人向けだったことと成績がわかるシステムだったことです。

運営は海外企業でしたが、日本人しかプレイしていなかったことで問題となり、更に客も成績をSNSなどで開示していたために違法性に問われて逮捕されました。
ただ、この事件に関しては後日談があり、いずれも不起訴となったのです。
この不起訴が意味するものとして、捜査の結果被疑者に対する犯罪の疑いが晴れたことや裁判において有罪の証明をするのが困難というものでした。

つまり、プレイしたオンラインカジノに問題はあって逮捕されるという事はあったものの、違法性はなかったということです。
そのためオンラインカジノに問題があったとして、逮捕される事はあっても違法性を問われて処罰されることはありません。
オンラインカジノの違法性はなかったのです。
プレイしたオンラインカジノ自体が違法性の高いところだった事件

オンラインカジノの運営元は基本的に逮捕されないので客側の対応が逮捕の基準

オンラインカジノの運営元(胴元)を日本の警察が違法性を訴えて逮捕することは困難です。
あくまで海外の企業なので、実際のカジノで例えれば外国にあるカジノで日本人が遊んでいたから日本の警察が外国のカジノの運営を逮捕するようなものと言えます。

外国のカジノの運営元を日本の警察が逮捕するのは事実上不可能です。
つまり違法性は認められません。
同様にオンラインカジノの運営元も逮捕されないのです。

さらに賭博行為はもともと運営元が逮捕された上で、客が逮捕されるという解釈もあります。
これも違法性がない理由です。

運営元が逮捕できない以上、客が逮捕される事はありません。
そういった解釈からもオンラインカジノは合法性のある娯楽なのです。

しかし、客側の対応に問題があれば逮捕されます。
それが冒頭のカジノカフェです。

冒頭のケースでは店舗がオンラインカジノを利用して運営元となり、客がその賭博に関与しました。
この場合は違法性があると認められ、店舗が運営元、胴元として逮捕され付随して客も逮捕されたのです。
このように客の対応によって逮捕されたりされなかったり、ひいては違法性があったり、合法性であったりします。

オンラインカジノ自体は合法性があるのでプレイ場所に注意

オンラインカジノは胴元である運営元が逮捕されません。
(もともと現地ではライセンスを持っている合法店舗で違法性すらないのです。)
そのため付随する客も逮捕されることはないのです。

このように合法的な娯楽なのですが、店舗へいってプレイして店内で現金のやり取りをすれば胴元と客の両方が逮捕されます。
このようにプレイ場所はあくまで自宅、あるいはスマホでというように個人で楽しむようにしましょう。
そうすればオンラインカジノに違法性がないと言えるのです。

コメントする

あなたのメールは <em>絶対に</em> 公開されたり共有されたりしません。 * が付いている欄は必須項目です

HTML タグと属性を使うことができます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*
*